工場長 長谷川 伸

Q. どんな業務を担当していますか?

工場全体の管理、フラックス等の薬品の製造管理を行っています。

Q. 入社何年目ですか?

新卒で就職してからずっとですから、もう20数年勤めています。
もともとモノづくりの仕事に興味がありまして、自動車関係の専門学校に通っていました。
“はんだ”に関しては、私の父が電気関係の仕事をしていた事もあり、家には当たり前のように置いてありましたし、とても馴染みのあるものでした。
何よりもモノづくりの仕事に携わることができる所に魅力を感じ、この仕事を選びました。

Q. 今まで一番大変だったことは?

前工場長が病気で倒れた時です。
その時、私は技術グループだったんですが、どうしても製造の方をやらなければならなくなってしまいまして。
その時が本当に大変でした。
大体のやり方に関してはわかっていたのですが、やはり細かいところになると分からないことも多く、病院と会社を行き来して工場長に教わりながら何とかやっていました。

Q. この仕事の魅力について教えてください。

“はんだ”はすべての電気製品に使われています。“はんだ”がなければ家電製品は動きませんから。
その必ず必要なモノの製造に携わることができるという点がやはり一番の魅力だと思います。
業務内容としては、やはりモノづくりの楽しさですね。

Q.これだけは負けたくないと考えているものはありますか?

そうですね(笑)、、フラックスの開発・製造ノウハウに関しては、負けたくないですね。

高品質の“はんだ作りは、はんだメーカーの果たすべき重要な部分だと考えていますので、弊社では鮮度に関しても十分に気を使っています。
ちなみに、製造方法を若い社員に教える時にも、フラックスは生ものと同じように扱うようにと教えています。
また弊社の強みの一つでもある伸線加工技術、コーティング技術にもこの部分は大きく関わってきますので、手を抜くことは一切致しません。
そしてこのようなこだわりを評価して頂いて弊社フラックスをわざわざ選んで購入いただいている複数取引先企業様のためにも、このこだわりは曲げられません。
そういう意味で、この部分は負けられません。

Q.これまで一番喜んでくれた取引先は?

たくさんありますが、一時期、クリームはんだの開発をメインに行っていた時期がありまして、ある取引先のお客様から、クリームはんだの取り扱い方法や検査方法等に関してアドバイスを求められました。
その時の取引先のお客様にはとても喜ばれました。

Q.最後に趣味を教えて下さい。

ずっと子供たちにミニバスを教えています(笑)。
学生時代、自分でもバスケットボールをやっていまして、ミニバスチームを立ち上げました。
休日返上で子供たちに指導していますので、かなり大変ではあるのですが、やはり好きなんだと思います(笑)。