やに入りはんだ はんだ付け試験

ステンレスにも付く小島半田製UXを使ったSUS(ステンレス鋼)のはんだ付け

SUSは表面酸化が強いので腐食しません。
高温のコテ先を当てると更に酸化が進みフラックスの効果が得られません。
はんだの上からコテ先を当てることで先にフラックスが流れ出てSUS表面を覆い酸素を遮断した状態での加熱によりフラックス効果が得られます。SUSはこの方法以外でのはんだ付けは難しい。

はんだを先に供給する方法は「挟みはんだ」といわれますがフレクトロニクス(EMS世界大手)は作業マニアルにしています、はんだの飛散対策にも効果があります。
はんだ付けははんだゴテにはんだを当てて溶かすのではなくコテ先ではんだを溶かします。